置き鍵の定番の場所は鍵トラブルが発生しやすい場所!

鍵トラブルを素早く解決する方法|置き鍵の紛失なら鍵屋へ連絡 冬の時期を狙ってやっておきたいアシナガバチ駆除のイロハ

置きカギはかなり危険~泥棒に家が狙われている~

万が一、出かけるときにカギを忘れてしまったときでも、「置き鍵」がしてあれば閉め出されることはありません。しかし、このように便利な一方でかなり危険なものだったのです。

置き鍵はしてはいけない

ポストなどに鍵を隠すと泥棒に狙われやすいです(町の鍵屋さん)

置き鍵の定番スポットと言えばポスト。こう多くの人が言うわけですから、泥棒は真っ先に狙ってきますよ。最近はダイヤル式の鍵が付いたポストなんかもあるから安心している人が多いみたいですけど、あまり効果は期待できません。泥棒たちはちょっとした隙間からでも鍵を抜き取っていきますからね。もし、まだポストに置き鍵をしているようなら今すぐにやめた方がいいです。

実際にあった鍵トラブル事件

被害に遭ったのは集合住宅にお住まいの方です。置き鍵がしてあるポストの隙間から鍵を取り出されて、強盗被害に遭ってしまいました。犯人は細い金属製の棒を使用してカギを手繰り寄せ、最後は投入口に手を入れてカギを取得していたそうです。住人の不在を確認したあと、取得したカギを使って部屋に侵入し金目のものを盗んでいきました。さらに、部屋を出たあとはご丁寧に施錠をし、使ったカギを捨てて逃げていったそうです。

不正利用の鍵トラブル

女の人

上記で実際にあった鍵トラブルをご紹介しましたが、これは二次被害に遭う可能性もあった怖い事件です。例えば、カギが捨てられることなく合鍵を作られていたらどうでしょう?いつでも泥棒に部屋に入られてしまいます。さらに、元のカギがポストに戻されていたら、しばらく被害に気付けない可能性だってあるのです。

トラブルに備えて紛失届と鍵交換の準備

例え後からカギが出てきたとしても、カギが見つからない状態に陥ったのであれば、ここで紹介したような被害に見舞われる可能性があるのです。そのため、警察に紛失届を出すことと鍵の交換をしておくことがおすすめです。防犯対策は、念には念を入れておいた方がいいでしょう。

TOPボタン