賃貸で置き鍵トラブルが発生したら何をしなきゃいけない?

鍵トラブルを素早く解決する方法|置き鍵の紛失なら鍵屋へ連絡 冬の時期を狙ってやっておきたいアシナガバチ駆除のイロハ

鍵トラブルが起きたらやるべき事~賃貸物件に関する情報~

お住まいが賃貸である場合、置き鍵による鍵トラブルが発生したときにやるべきことがいくつかあります。簡単に紹介していきますので、いざというときのためによく覚えておいてください。

鍵トラブルが起きた時の対処法とは?

最初に警察に紛失届を出しておこう

まず一番にすべきことは、警察への紛失届を提出することです。近くにある交番や駐在所を訪ねるか、連絡を入れてみましょう。運がよければ、すでにカギが届けられていることもあります。もし届いていないようであれば、届けを遺失届に変更して連絡を待ちましょう。ちなみに、遺失届は窓口まで行かなくても電話での受け付けも可能だそうです。

管理会社&大家さんに連絡

次にやらなければならないことは、管理会社と大家さんへの連絡です。必ずカギを紛失してしまった旨を連絡しましょう。賃貸住宅の場合、カギを交換するにも貸主の許可を得る必要があり、勝手に交換してしまうと退去時に複製代金を請求されることがあるのです。さらに、カギの交換をしなくても、紛失した旨を連絡しないということ自体が義務違反になってしまう恐れがあります。

借主が紛失した場合費用は自分で負担

借主に責任がある場合は自己負担になります(不動産会社)

借主様がカギを紛失されました場合、カギの交換に掛かる諸費用は借主様に負担していただいております。なお、カギの交換をされる前に貸主から許可を得ることも併せてお願いいたします。これらは賃貸契約書にも記載しておりますので、ご確認ください。

入居者用サポートで費用負担軽減

鍵

借主がカギを紛失し、交換となった場合は自己負担です。しかし、入居者用サポートに加入していれば、負担が軽くなる可能性があります。加入している入居者用サポートの契約書を確認し、紛失の場合でも保険適用の対象となるか確認しておくといいでしょう。

TOPボタン